小林製薬のアットノンでニキビ跡は治るのか?

小林製薬のアットノンでニキビ跡は治るのか? 注目 ハイドロキノンと相性はよさそうです。


色素沈着を薄くする方法でも触れていますが、色素沈着をスムースに除去しようと思ったら 沈着したメラニンをハイドロキノンで漂白しつつ、同時にメラニンを排出するよう肌の代謝を促進したほうがいいです。


排出美白のやり方も解説してあるので見てほしいんですが、今回ここで紹介するのは、その排出美白に利用できる小林製薬から発売されているアットノンという傷痕改善薬です。 ご存じの方もいるかもしれません。


このアットノンですが、基本的には身体にできてしまった虫さされ跡の色素沈着や切り傷やすり傷、肌への摩擦や刺激でできてしまった黒ずみをキレイに改善してくれるという外用薬です。


顔に使うのは推奨されていません。ただ、絶対禁止というわけではないですし、成分をみてもヘパリン類似性物質などアトピーの保湿剤に使われるものが配合されているぐらいなので顔に使って問題が起こることはまずないと思います。


アットノンの詳しい効能ですが、肌の水分保持力を高めて肌の新陳代謝を促進し、なおかつ抗炎症作用、血行促進作用が期待できるので色素沈着のある部位周辺の皮膚の再生と修復を促すピーリングと同じ効果が期待できます。 しかもアットノンは医薬品ですから変なピーリング剤よりずっと効果があるはずです。


還元美白のバイドロキノンと排出美白の小林製薬アットノンを併用することで相乗効果が期待できると思います。


ハイドロキノンの選び方については、、 詳細はコチラ

顔の色素沈着と体にできた色素沈着ではどっちが治りやすい?

顔の色素沈着と体にできた色素沈着ではどっちが治りやすい? 顔と体にできる色素沈着の違いをあげるなら、顔のほうが紫外線の影響を受けてできているものが多いということでしょう。 常に露出している分、紫外線ダメージは顔のほうが明らかに蓄積されているはずです。


摩擦や刺激、炎症でできる色素沈着と違って紫外線による色素沈着は皮膚破壊をともなうので一筋縄ではいきません。


アットノンが顔に使うことを推奨しないのは、紫外線によるシミや色素沈着に利用されて、効果がないとクレームを受けるのが嫌だからのような気がします。


一方で身体にできる色素沈着は摩擦や刺激、炎症でできた色素沈着であることが多いですし、 紫外線によるものであっても顔ほど皮膚にダメージが蓄積されていないので、消えやすい傾向があります。


また、顔と比べると体の皮膚はターンオーバーが遅いのでそれをアットノンを使って代謝を促進してあげるだけでも色素沈着が消えるのを早めることができます。 体にできてしまった色素沈着は顔にできるものとは違って消えやすいのでアットノンも体限定になっているのでは?と考察できるわけです。


身体にできた色素沈着では代謝を良くしてあげるだけでかなり治るのが早くなります。顔の場合は代謝を促進するのと一緒に漂白型のハイドロキノンなどの美白成分を使ってアプローチするなど手間暇をかけないと、なかなか効果を実感できません。


気になる黒ずみには、、 色素沈着を薄くする方法
Copyright © 2014 ニキビ跡の色素沈着に効くハイドロキノン美白を徹底解説· All Rights Reserved·