色素沈着系のニキビ跡には美白成分が有効です!

色素沈着系のニキビ跡には美白成分が有効です! 注目 炎症性色素沈着には美白成分がよく効く!


ニキビ跡には2種類、赤みや黒いシミといった色素沈着が残るケースと真皮層が破壊されてクレーターのような陥没した凸凹が残るケースがあります。


陥没や凸凹が残ってしまったニキビ痕は残念ながらコスメでは治すことができないので美容皮膚科に行ってもらうしかないんですが、 色素沈着が残っているニキビ跡に対しては、美白成分が非常に効果的です。


紫外線によるシミの場合、紫外線によって皮膚のDNA情報が破壊されていることが根本的なシミの原因というケースも多く、美白成分の効き目がないこともあるんですが ニキビ跡の場合は炎症の刺激によって生成されたメラニンが沈着したもの(=炎症性色素沈着)なので、このタイプのシミは紫外線によるシミと比べてはるかに美白成分が効くんですね。


ただ、炎症性の色素沈着も適切な対処をしないと、どんどん色が濃くなるなど成長してしまって、そのまま根付いてしまうこともあるので、 できるだけ早い段階で美白成分をメラニンに叩き込んだほうがいいのは間違いありません。


ニキビ跡の色素沈着に効果のあるメラニンを還元する作用がある美白成分にはビタミンCとハイドロキノンがありますが、 ハイドロキノンのほうがメラニンを還元する作用は圧倒的に上。特に色素沈着ができてからある程度時間が経っているようであればハイドロキノンを使ったほうがいいと思います。


ニキビ跡にハイドロキノンが効果的な理由 詳しい理由はこちら

炎症性色素沈着に対するハイドロキノンの効果って!?

炎症性色素沈着に対するハイドロキノンの効果って!? ハイドロキノンはシミの漂白剤ともいわれるぐらい沈着したメラニンに対しては効果が高く、 ビタミンCやアルブチン、コウジ酸といった有名な美白成分と比べてその効果は数十倍から百倍近くあるといわれています。


ただ、そうした高い美白効果の裏返しとして刺激が強いということや成分として不安定ということもあり、 美白化粧品の成分としては扱いづらいせいかハイドロキノンを主成分にした美白コスメというのはそれほど多くはありません。


そんなハイドロキノン配合の化粧品を使う場合、気をつけないといけないポイントがいくつかあるので紹介しておきます。


要チェック酸化しやすく劣化しやすい成分なので、使用方法や保管方法は必ず守る必要がある!
要チェックハイドロキノン使用時は紫外線の影響を極端に受けやすくなるのでUVケアは必須!
要チェック濃度が高いほど効果も高まりますが、肌への負担は大きくなってしまう。
要チェック濃度に関係なく、人によっては肌に合わず、炎症や赤みを起こす場合もある。


化粧品に配合されているハイドロキノンの濃度は1~4%未満(※日本では4%以上から医師の処方箋が必要になる)に限られており、 この範囲の濃度であれば、間違った使い方をしたり、粗悪な化粧品を選ばないかぎりは肌トラブルを引き起こすことはないと思います。


ハイドロキノンの特徴やリスクをしっかり把握して、高品質のハイドロキノン化粧品を選べばまず問題ないと思います。

ニキビ跡の色素沈着に効くハイドロキノン美白化粧品<BEST3>

b.glen(ビーグレン)

お試し:1,944円 送料無料 

注目 QuSome化ハイドロキノンでメラニン撃退!
独自の特許取得のドラックデリバリー技術「QuSome」を採用しており、不安定で浸透しにくいというハイドロキノンの弱点を克服。 より少ない量で高い効果を発揮するのも特徴で肌質を選ばず刺激を抑えて使える点が◎。 お試しセットは1,944円。ハイドロキノンはクリームに配合。

アンプルール

お試し:1,890円

注目新安定型ハイドロキノン配合のドクターズコスメ
美容誌でも有名なDr.高瀬開発の「新安定型ハイドロキノン」を配合しているハイドロキノン美容液が人気です。 トライアルに含まれている化粧水にもハイドロキノンが配合されています。 ラインでハイドロキノンを試せるお試しセットは1,890円です。

プラスナノHQ

お試し:3.240円

注目限界ギリギリの4%配合。安定化処理済
スポッツケア用のハイドロキノンクリームです。ハイドロキノンを4%とギリギリまで高濃度で配合しているのが特徴で、 刺激が強そうな感じがしますが、そこまでピリピリ感はないとのことです。 朝のケアにも使うという点がちょっと気がかりです。

ハイドロキノン配合の美白化粧品のイチオシはこれ
ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」

要チェック QuSome化したハイドロキノンの抜群の効果!


ニキビ跡の色素沈着はニキビの炎症が刺激になってメラノサイトが生成したメラニンが毛穴周りの表皮に沈着していることが原因なので メラニンの還元作用の強いハイドロキノンを使ってケアすれば短期間できれいになります。


ただ、ハイドロキノンが配合されていればなんでもいいわけではないというのは途中紹介したようにハイドロキノンが持つデメリットがあるからです。


ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶときも、そうしたデメリットを克服したものや悪影響を最小限に抑えた処方のものを選ぶ必要があります。


要チェック酸化しやすく劣化しやすいハイドロキノンを安定化させて配合していること
要チェック低濃度であっても高濃度と同じくらいの効果が望めること
要チェック肌への負担をできるだけ減らした刺激の少ない低刺激処方であること


効果を左右するポイントでもあるこの3つの要素をすべて満たしているのが1位で紹介しているb.glen(ビーグレン)のハイドロキノンクリームである「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。


独自の浸透テクノロジーQuSomeRにより、ハイドロキノンを「安定化・高浸透化・低刺激化」させることで、できてしまったメラニンにダイレクトに届け、 より少ない量でより高いシミを薄くする効果を発揮してくれるという優れものなんですね。


夜のお手入れの際に、ニキビ跡の色素沈着部分だけにスポット的に使ってもいいし、顔全体に使ってワントーン顔を明るく透明感を引き出す目的でも使えます。 トライアルセットがあるので、そのあたり是非試してみてください。


お試しの7日間でも実感できる!? トライアルセットの詳細はコチラ
Copyright © 2014 ニキビ跡の色素沈着に効くハイドロキノン美白を徹底解説· All Rights Reserved·